成人・老人歯科保健

学校を卒業後、歯科健診を受けたりする機会が減少します。
日本人の80%以上が20代後半から「歯周病(歯槽膿漏)」に罹っていると言われます。
虫歯の治療や予防だけでは無く、歯肉の健康にも気をつける必要があります。
青年期・壮年期・熟年期・老人期、それぞれの年代で歯や歯肉の健康に気を配る事で、8020(80歳で20本の歯を残す)も実現できます。