春日井市民のための休日、深夜の救急の問い合わせ先

時間や深夜、休日などによって変動します。
以下の順でお問い合わせ下さい。

  1. まず、いつものかかりつけ歯科医またはお近くの歯科医院に、電話をしてみましょう。時間外でも、診療できる場合もありますし、救急の歯科医療機関を紹介できる場合もあります。[→医院検索]
  2. 休日、祝祭日の午前なら春日井市休日診療所へ問い合わせましょう。お盆休みなどは、診療している医療機関を教えてくれる場合もあります。
  3. お近くの病院歯科へ問い合わせましょう。
  4. それでもダメなら、
     愛知県歯科医師会夜間診療所
     愛北さくら病院口腔外科(大口町 24時間診療)
     その他の病院歯科[→救急診療]

歯をぶつけた 歯が折れた、抜けた

転んだり、ぶつかったりして歯が欠けたり、折れたり、抜けたりしたらどうしたら良いのでしょうか?
最近の歯科医学の進歩により多くの歯が助かるようなりました。しかし歯科医院へ行くまでの患者さんの周りの対応によって、その歯のその後の寿命は、大きな差が出てくるので、その対応について説明します。

  • カケラをみんなで探しましょう。(破片も接着剤でくっつけられる場合もあります、又、抜けた歯も戻せます)
  • 見つけた、カケラや歯が汚れていたら→冷たい牛乳で洗い、牛乳につけたまま、そのまま歯科医へ→牛乳が無ければ水で注いで(30秒以内)、口の中に入れたまま歯科医へ(呑み込まないようにホッペにいれる)

さあ早く 電話をして、急げ歯医者さんへ!

歯ぐきが腫れたら

突然、歯ぐきが腫れたら・・・。歯ぐきが腫れる原因には色々ありますが、多くは歯槽膿漏や歯の根の先に「ウミ(膿)」が貯まる事によっておこります。

体の中に細菌が入って増殖し、その細菌をやっつけるために、血液の中から白血球が出てきて、細菌と戦って、その残骸が貯まったものが「ウミ」です。「ウミ」が貯まった後からは、血液の中からフィブリノゲンという繊維成分が出てきて、貯まったウミの周りを覆うようなります。歯ぐきが腫れた時に、冷やしすぎるとフィブリノゲンという繊維成分の析出が遅れて、腫れが大きく広がってしまいます。

  • 氷などを使って冷やしすぎないようにしましょう。
  • 痛み止めは、症状を緩和するだけで原因となる細菌はやっつけてくれません。痛み止めだけで我慢しないようにしましょう。
  • 原因を除去するために歯科医院を受診しましょう